MENU

用途別におすすめのMVNO業者を紹介します。

大手キャリアからMVNO業者に乗り換えてスマホの料金を安くしたい方は多いですよね。でも、MVNO業者の数が多すぎてどこを選べばいいのか?自分にピッタリのMVNO業者がどこなのかさっぱりわからないという方もいるのではないでしょうか。

 

そこで当サイトではどんな用途でスマホを使うことが多いのか?という点から、おすすめのMVNO業者を紹介しています。

 

 

ちなみに必ず安くなるわけではない事を覚えておきましょう

MVNO業者に乗り換えれば料金が安くなる!これは基本的に間違っていないのですが、必ず安くなるわけではないのでその点はご注意ください。場合によっては返って割高になってしまう場合もあります。

 

では、どんな場合に割高になってしまうのか?というと、これは通話の頻度が多く、通話時間が多い方。もしそんな方がMVNOに乗り換えると、返って料金が高くなってしまう可能性があります。

 

MVNO業者には基本的に「無料通話」がありませんし、「通話定額」といったプランもほとんどありません。なので通話すればした分だけ、料金がかかってしまいます。どの程度の通話料がかかるかというと、基本的に20円/30秒(税抜)。通話アプリで10円/30秒です。

 

これ、どの程度の料金になるか?というと・・・月に3時間ほどの通話時間があると月7200円もの料金が発生する計算に(通話アプリ未使用の場合)。

 

大手キャリアの通話定額は2〜3,000円程度ですし、明らかに割高になっちゃいますよね。このような場合もあるので、通話頻度が高い方はMVNOへの乗り換えはよく検討して行いましょう。

 

 

とにかく節約したい!そんな人におすすめのMVNO

通話もほとんどしないし、ネットも家ではWifiがあるし外出先でもそれほど使う事が無い。とにかく毎月のスマホ料金を安くしたい!そんな方にオススメなのはDMMモバイルや楽天モバイルの低速プラン。

 

DMMモバイルの場合は常時200Kbosの低速通信のライトプラン(通話対応SIM)が1,140円/月で使えますし、楽天モバイルの場合は同じく常時200kbpsの低速通信ベーシックプランが1,250円/月で利用可能。外出先でのネット回線が非常に低速ですが、例えばメールの送受信やLINEくらいしか使わないのであればあまり困ることはありません。

 

また、通話もLINEの通話を使うので通話機能も必要ない、となれば料金はさらに抑えることが可能。DMMモバイルのライトプランはデータ通信SIMなら440円/月、楽天モバイルのデータ通信SIMは525円/月で使えます。

 

ある程度制約もあるプランですが、料金を抑えることが一番の目的なら検討してみることをおすすめします。

 

 

データ通信量を気にせず高速通信をたくさん使いたい方におすすめのMVNO

大手キャリアで契約していて、毎月5〜7GBのプランでも通信制限になってしまうようなヘビーユーザーの方にはLTE通信無制限プランを提供しているMVNOがおすすめ。U-mobileやぷららモバイルLTEが高速無制限プランをラインナップしているのでチェックしてみましょう。

 

U-mobileはU-NEXTが提供するMVNOでLTE通信無制限プランが2,480円/月から利用可能(通話対応SIMの場合は2,980円/月)。ぷららモバイルLTEは通信速度に3Mbpsという上限がありますが、通信量は無制限というプランが2,980円/月(通話対応SIMは3,736円/月)で使えます。

 

実際どちらもビックリするほど高速という事はありませんが、普段利用する分には困らない速度が出て通信量無制限なので、大手キャリアと比較すればかなり料金的にお得なります。

 

 

複数の端末で格安SIMを使いたい方におすすめのMVNO

複数の端末で格安SIMを使いたい、また家族でMVNOへの乗り換えを検討している場合にオススメなのはDMMモバイルとBIGLOBE SIM。

 

DMMモバイルは最大3枚のSIMカードでデータ通信量を分け合える「シェアプラン」が用意されています。このプランは通話対応SIM、データ通信SIMどちらでも契約できますし、組み合わせての契約も可能。比1枚1枚契約するよりも料金が割安になる上、データ通信量を分け合えるので無駄なく通信量を抑えることができます。

 

BIGLOBE SIMは6GBと12GBの容量で「シェアプラン」を用意。最大4枚のSIMカードを追加でき、DMMモバイルよりもさらに大人数での通信量のシェアが可能なのが特徴。1人一人の通信量はそれほど多くなく、より低額で通信量を分け合いたい場合はこちらもおすすめです。